Stand by me.

世の中は美しい、それを見る目を持っていればね。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
1月は恐怖のテスト地獄…来週の火曜と水曜が山です。その日にテストが7、8個…ちょ、勘弁してくださいorz昨日も徹夜です、いい感じにラリってます。スタバのコーヒー飲んで頑張るか…。テスト勉強していると、習ってないはずなのに範囲になっているということがよくあります。え、先生の間違い?私の記憶喪失?私シの音(sheのsの音)の専門用語が無声硬口蓋歯茎摩擦音だなんて全然知らなかったよ、それ以前に全然意味が分からないよ。ただひとつ分かっているのはこれを覚えたところで将来の役には全く役に立たないだろうということです。音声学の教授になるなら別だけれども…マミーの「意味ない」の一言で、必死こいてこれを暗記している自分の存在意義を見失いかけました…。

勉強に飽きると重松清の本を読んでます。「東京的哀愁」「卒業」「送り火」を衝動買いして、「エイジ」「ナイフ」「疾走」「トワイライト」「定年ゴジラ」を本棚から引っ張り出し…もう本読んでる時間の方が長いんじゃないかっていう…。重松さんの描く登場人物たちはそれぞれどこか不幸な気がします。登場人物が悩む共感出来たり、ちょっよ違うんじゃないと思ったり。でも最後は幸せじゃないにしてもどこか救いがあるのが重松さんの本の特徴だと思います。現実の世界じゃ絶対こんな前向きには考えられないよなあと思いつつ、だからこそいいんじゃないかという気もします。たぶん。
スポンサーサイト
2007.01.12 15:26 | 雑記 | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。